wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)2-9

第二に、「落ち着いていて、優しさ(=柔和)に熟練している」とは、どのような事か?

どのようにすれば、平静と柔和に到達できるのか?

(+もし)我々に、自在な心があり、(+その心が)何かの事実に「接触」する時、我々は軽々と、一切の変化ーーそれが良い事であっても、悪い事であっても、良くも悪くもない事であってもーー受け入れることができる。

これが、あらゆる場面において、我々の心が、常に平静で、抵抗しない、反発しない、反撃しないでいられる、という理由である。

故に、止禅の修習におけるキーポイントは、「自在」である。

しかし、忘れてはならないのは、「接触」という二文字である!

というのも、あなたが、何等の事実にも、何等の境界にも接触しない時、あなた(+の心)は、平静であるように見えるけれども、しかし、これは単なる漠然(+たる心情)にすぎず、真実の平静ではない。

真実の平静とは、我々をして、自在に、事実に「接触」せしめ、同時に「すべてを受容」できる事である。

これが、我々がなぜ「自在に・体験する事」という二つの項目を重視するのか、という理由である。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(2-10につづく)

Idaṃ me puññaṃ nibbānassa paccayo hotu。 

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>