wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

☆「掌中の葉」(翻訳文)2-15

2、身軽快性・心軽快性

kaya-lahut、citta-lahut)

身軽快性:心所の沈み込みがない事(活発である事)。

心軽快性:心の沈み込みがない事(活発である事)。

軽快性の障礙:緊張。

障礙の発生原因:過度に定の修習の目標を憶念する事。

矯正の方法:直覚的に、己が、定の修習における目標を体験していることを知っていれば、それで十分である。あなたの心をリラックスさせる。そうすれば、身軽安性と心軽安性は生じることができる。

3、身柔軟性・心柔軟性

kaya-mudut、icitta-mudut)

身柔軟性:心所が目標に対して対抗しない、及び阻害しない事。

心柔軟性:心が目標に対して対抗しない、及び阻害しない事。

柔軟性の障礙:掴む事(定の修習の目標を強く掴み過ぎる事)。

障礙が生じる原因:心がしばしば分散する為、雑念が生じ、そのことによって定の修習の目標を、強く掴んでいたいと思いなす。

矯正の方法:あなたが心の中に雑念が生じていることを発見した時、軽く心を引き戻して、あなたの心をして、心をして、<今・ここ>において受け入れられるだけの事に向かわせるだけで良い。このように実践すれば、身柔軟性と心柔軟性は生じることができる。

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。(2-16につづく)

Idaṃ me puññaṃ nibbānassa paccayo hotu。 

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>