wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオ・セヤドー講述「顕正法蔵」(翻訳文)5-55

    <Idaṃ me puññaṃ nibbānassa paccayo hotu> 

四悪道の苦の恐ろしさを思惟する

ここにおいて、もし人が以下のように思惟したとする:

「比丘よ、今こそ精進に尽力する時である。

というのも、地獄において、五つの槍で身体を貫かれるなどの極めて大きな苦しみを受ける時;

動物に生まれて、網に捕らわれ、落とし穴に落ち、閉じ込められ、車を引かされ、人に棒や棘の付いた武器でたたかれる時;

餓鬼界に生まれて、両尊仏の間の千千万万年の長期に亘る時間の、飢餓と喉の渇きの攻めに会う時;

起屍アシュラ(Kālakañjika Asira)に生まれ変わり、皮と骨だけの、60 または 80 腕尺(=80個分の腕の長さ)の巨大な身体を擁し、暑い日差しと風に吹かれて苦しむとき、これらの一切の時には、精進覚支を育成することはできない。」と。その時、精進覚支は生起する。

その利益を理解する

もし人が、精進を育成する利益を思惟し、以下のように思惟する:

「怠惰な人は9出世間法を証悟することはできない。ただ、精進する人だけがそれらを証悟することができるーーこれが精進の利益である。」と。

その時、精進覚支は生起する。(5-56につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>