wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「顕正法蔵」(翻訳文)5-56

    <Idaṃ me puññaṃ nibbānassa paccayo hotu>

鉢で食を受ける(べき)者になる

もし、人が、鉢で食を受ける者になることを思惟するなら、彼は思う:

「あれら、托鉢の食でもって私を支えてくれている人は、私の親戚でもないし、あなたの下僕でもない;彼らが私に美味しい食べ物を布施する時、彼らが、以下のように考えている訳ではない:

『未来において、我々はあなたに依存して、生活しよう』。

彼らが布施する時、彼らの為した善業によって、彼らが、大きな果報を得ることができるようにと、期待している。

また仏陀も、あなたが、必需品を用いて、ただ、身体を太らせ、生活を快適にすることを、許しはしない。

ただ、あなたがそれらを用いて、沙門としての任務を遂行し、生死輪廻を解脱することだけが、許されている。

もし、怠惰に日を送るならば、あなたは、托鉢の食を受けるに相応しくなく、ただ、精進する人のみが、托鉢の食を受け取ることができる。

ちょうど大友長老(Mahāmitta Thera)のように。」そうであれば、精進覚支は生起する。

(5-57につづく)

<Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>