wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)2-28

     <Idaṃ me puññaṃ nibbānassa paccayo hotu>

【瞑想を終了する方法】

あなたが、心を呼び戻し、かつ、全身の粗さを、一定時間感受した後、内心において、己自身に、以下のように呼びかける:

「願わくば、私が発散した一切のエネルギーが、すべて、我が心内に戻ってきますように。」

このように想った後、心を静かに心輪(=胸のチャクラ)一帯に留めて置く。

その時、どのような感じがしても、そこにおいて、自在にそれを体験する事。

その後に、あなたは、上方、下方、前方、後方、左側、右側などの、すべてのよいエネルギーが、心内に戻ってくるように、祈願する。

毎回祈願する毎に、心はただ、心輪において保持し、何事も、静かに体験するようにする。

このようにエネルギーを回収した後、あなたは、エネルギーが、全身に均等に分布されるようにする。

あなたは、下記の内の、一種類の方法を選択して、当該の効果に到達するようにすると良い。

(一)心を全体的にスキャンする。頭から足の先まで、何度か重複して行い、その後に、静かに(+心を)心輪に保持する。

(二)心をして、「頭髪、体毛、爪、歯、皮膚」という、この五種類の身体部分を逐一、重複して、約 15 回ほど、感受するようにする。

その後に、頭から足までの全身をスキャンする。上記五種類は、10種類まで増やしてもよい。

すなわち、頭髪、体毛、爪、歯、皮膚、筋肉、筋・腱、方法、骨、骨髄、腎である。何度か重複して行う。

このように実践した後、最後に心をして、静かに心輪に保持せしめる。(2-29につづく)

     <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>