wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)2-30

     <Idaṃ me puññaṃ nibbānassa paccayo hotu>

座禅・瞑想(+を意識的に)終わらせる事、すなわち、収功は、気の滞りを治すよい方法である。

この事は、気功の鍛錬を終わらせようとする人が、収功を、必ず行わなければならないのと同じ道理であるが、双方ともにそれは、エネルギーを回収し、気血を通らせ、座禅・瞑想または気功の鍛錬における成果を回収して、己自身に利用できるようにし、また、ネガティブな作用が生じるのを防ぐことでもある。

収功の後においては、あなたは、定を修習した功徳を親友、仇敵、護法神等、ないしは一切の衆生に、回向するべきである。

その後に、以下のような懺悔をする、すなわち;

誠心誠意、真心をもって、己が以前、礼を失したことのある、すべての衆生に対して謝り、彼らに許しを乞う事。

ある種の人々は、定の修習の前に、先に懺悔をするのが好きであるが、それもまた、大変によい方法である。

最後に、両手を熱くなるまでこすり、頭部、顔と肢体を按摩し、その後にゆっくりと体を起し、その他の事柄に取り組む。

◆結論

(一)収心ーー修行の目標を手放し、心をして、日常の境界に戻ってくるようにさせる。

(二)収功ーー

1、すべての、良質のエネルギーを身体の内に回収する。

2、身体の各部位を感受する事と、一切の執着を放下することを通して、エネルギーを全身にいきわたらせる。

(三)立ち上がる前にーー

1、功徳を、親友、護法神などに回向する。

2、礼を失したことのある一切の衆生に、許しを乞う。

3、肢体を按摩する。

(2-31につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay