Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

是誰庵のひとやすみ~オハナ

f:id:wong0110:20170624112446j:plain

f:id:wong0110:20160830153609j:plain

f:id:wong0110:20170616165807j:plain

いよいよ梅雨の到来で、九州は、今日は午後から豪雨になるとの事。

暴風雨であっても、水中運動だけは欠かせませんが、庭を少し見回ったら、後はオウチで静かに蟄居ですか、ね。

写真は、噂の愛犬オハナ君。

オハナは、佐賀の山の中に捨てられていたペキニーズ

お金で買った純粋種の犬を捨てる人はいませんから、ペットショップが、売れないまま大きくなってしまったのを持て余して、捨てたのだろうとは、センターから救出後、彼の健康診断を受け持った獣医師さんのご意見。

青紫の涼しげな花は、長者原の山登りの帰路、飯田高原の花屋さんで買ったもの。

名前は、聞いたけど忘れました・・・、葉っぱはラビット・イヤーみたいに、ビロード風です。我が盆地は寒いので、年越しは無理、一年草扱いだそうです。

鉢植えの竜胆やボサノヴァ(ベゴニア)が年越しして、季節が来ると、何度も咲いてくれているので、ちょっと残念。