wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「顕正法蔵」(翻訳文)5-64

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

8-6-5-2 定覚支を生起させる事の出来る11種類の方法

定覚支を生起させる事の出来る11種類の方法は、以下の通り:

1、依所(=住まい)を清潔にする。

2、五根をバランスする。

3、取相(すなわち、禅の修行の目標)を善くする。

4、心をして、コントロールするべき時に、コントロールする。

5、心をして、策励するべきときに策励させる。

6、信(=確信)と恐怖感を通して、心をして、喜悦させ、また心を策励させる。

7、必要な場面では、干渉しないで、心を傍観する。

8、心が散乱している人と、遠く離れる。

9、心が専一で散乱していない人と親しむ。

10、ジャーナと解脱について、思いを巡らす。

11、定覚支を育成すると、決意する。

(5-65につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>