wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)2-38

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

しかしながら、このように修行を進めていったとして、彼らは往々にして、邪定を得ることになってしまう。

彼らが、正しい道を歩んで正定を得る前、彼らはすでに、それなりの時間を費やして、邪定を育成しており、また、いくばくかの時間を費やして、邪定を解かなければならない;

その後に、その半分の時間を使って正定とは何かを理解する為に、時間を使わなければならない;

その後に、再度時間をかけて、正定を育成する、という事になり、合計すると、多くの時間が必要になってくるのである。

(特に注意して頂きたいのは:邪定を解くのには、一定の時間が必要であるが、ある種の人々にとっては、邪定が齎す困惑を解くのは、大変に時間がかかる事である。

また、ある種の人々は、己の獲得したものが正定ではないことに、ずっと気が付くことがなく、そのため、それを訂正しようとも思わない。

この場合、彼らは一生かけても、正定を得ることはできないのである。)

己自身の、物事への実践方法を変えたいと思う人は、真正に仏陀が教えた教えを遵守して、「放下」を、己自身の修行の重点とするべきである。

このように実践すれば、彼らの修行は、絶対に非常に速く進歩し、かつ順調に進む。

彼らは、些かの時間を費やして己の性格・心理状態を修正して、正定とは何かを理解し、その後に、少しばかりの時間を使って正定を育成する。

彼らはそれほど多くない時間をもってして、正定を修習することができ、かつ心身に適切でない副作用を生じることもない。

利養(=利益を得たいと思う道)は一本の道、

涅槃の道はもう一つ別の道、

この道理を理解するならば、

仏陀の弟子である比丘は、

名望に喜楽することなかれ、

出離の修習に励むべし。

《法句経・第75偈》

(2-39につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>