wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

☆「掌中の葉」(翻訳文)2-39

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

この点に関して、私は梵種長老(Ajahn Brahmavamso)が著した≪修行の基本的方法≫≪The Basic Method of Meditation≫を、紹介したいと思う。

当該の書物の中で、彼は「放下」の方法について、絶妙な解説をしており、以下は、その中のいくつかの、重要な摘要である。

1、修行とは、放下に到達する為の方法である。修行においては、心内の安寧と静けさの世界に到達するために、外部の複雑な世界を放下しなければならない・・・この種の、世間を超越する清浄心を体験することは、非常に美しく妙やかで、楽しい事である。

2、修行の目的は、心における、完全で美しい安寧と静けさ、静止(=静かな不動心)と、清らかさと明晰さを得る事である。

もし、このような(+修行における)目的を、理解することができたならば、あなたは非常にはっきりと、どの方向へ向かって努力すればよいか、また、どのような方法で、この種の目的に達成すればよいのか、という事が分かる。

3、努力の方向は放下にあり、捨棄に傾向する心を、育成することである。

仏陀の多くの、簡潔で奥深い開示の中の一つの原則に、以下のようなものがある。すなわち:

「心が捨棄に傾向する修行者は、簡単に定を成就することができる。」

仏陀の述べた意味は:

深いレベルの修行の成就に関する方法、また、強力な境地を成就させることのできる主要な方法とは、捨棄、放下と出離を実践できるかどうかにかかっている、という事である。(2-40につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>