wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

パオ・セヤドー講述「顕正法蔵」(翻訳文)5-65

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

ここにおいて、(一)と(二)のこの二項目は、以前に説明した解釈によって、理解する。

(三)は、安般念禅相または遍相か、または何かの禅の目標を獲得することに優れている事。

(四)は、精進など等が過剰すぎるが為に、動揺している心を、軽安、定及び捨覚支を策励させることによって、コントロールする事。

(五)は、過剰な懈怠などなどによって、軟弱になった心を、択法、精進及び喜覚支を通して策励させる事。

(六)智慧の力が弱いか、または安寧の楽を証得することができないために、不満を感じる時、彼は恐怖感に関する八つの原因を思惟する事を通して、それを策励する。すなわち、生・老・病・死、四悪道の苦、過去に輪廻した苦、未来において輪廻する苦、今世において、食を求める苦を思惟する。また、三宝を随念することによって、心において、信心を充満させる。

(5-66につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>