wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

☆「掌中の葉」(翻訳文)2-44

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

そして、更に重要な事は、良い教師なら、あなたが最終的に、真正なる定を獲得することができるように、あなたに対して、正しい心構えでもって定の要因(定の修習)を育成するべきであることを、教えるであろう。

上述の経文は、我々に対して、完全に放下する精神でもって、定の要因(定の修習)を育成するよう、促している。

(一)我々は、放下の精神でもって、愉快、喜悦、軽安、快楽というこれらの要因を育成するべきであり、我々は決して、定への強烈な渇望を伴う心境でもって、定の修習を実践してはならない。

(二)我々は、仏陀が経文の中で、何度も強調して述べている二つの言葉に対して、確信を持たねばならない:

1、「このような願いを生起させる必要は無い」;

2、「当然・自然にできる」。

(三)これは非常に美しい定の修習における心構えであり、正確な要因によって修行・実践できるだけでなく、リラックスした、無理やり求める気持ちの無い心境において、これらの要因を育成することができる。

これら(+の心的状況)は、愉快、喜悦、軽安、快楽というこれらの要因を、自然に強化・成長させることができる。

ある日、これらの要因が熟した時、何等の努力を必要としない状況の下で、それは生じるであろう。

(四)「(一つの)の法の流れから(もう一つ別の)法へ」の意味・・・我々は、定における正確な要素を育成する必要がある、という事である。

このようにすることによって、あなたは初めて、定の近くへと進むことができる。

我々は、更に多くの「懊悩なく、愉快で、喜悦に満ち、軽安で、快楽(=楽しい)」を育成することのできる方法を発見・発掘し、実践しなければならない。

(五)「(一つの)法の円満(+成就)から、(もう一つの別の)法の円満(+成就)」の意味は、放下がすなわち、定の要素(定の修習)を育成するにおいて、最も重要な原則である、ということである。

◆結論

(一)我々は、更に多くの、良くて巧みな方法を育成することを通して、愉快、喜悦、軽安、快楽を啓発し、定を得る様に、実践しなければならない。

(二)更に重要な事は、我々は、放下の精神で以て、定の要素(定の修習)を育成しなければならない。

(三)定の要素(定の修習)を育成するにおいて、我々は、仏陀が強調した二つの点に関して、確信を有するべきである:

1、「このような願いを生起させる必要は無い」--結果を期待しない。

2、「当然・自然にできる」ーー要因の成熟に伴って結果は自然とあなたの元に届けられる。

(3-1につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>