wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)3-3

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

あなたの(+仏法に関する)基礎が強固になった時、あなたは多くの先生について学んでも、よい。

その時、あなたは、涅槃へ向かうための、多くの道を学ぶことができる。

その後、あなたは自分自身が、真正の、善くて巧みな教師になることができる。

(+もし、あなたが)異なる性質をもつ人々に対して、異なる修行方法を紹介することができるようになれば、それは、ゴータマ仏陀と、少しばかり、似ているかもしれない。

良い禅の指導者は、良い医師のようだ。

良い医師は、異なる病人に対して、いつも同じ調子で、一種類の薬しか出さない、ということはなく、先に病人を検査し、病人のそれぞれの体質と症状、また、何を必要としているかを理解する。同様に、良い禅の指導者は、異なる学生に対して、いつも同じ調子で、一種類の業処しか紹介しない、という事はなく、先に学生を観察し、学生のそれぞれの性格、煩悩(=悩み、喜怒哀楽)と、彼が必要としているものを理解し、その後で初めて、学生自身の状況に適合する業処を紹介し、与えるのである。

しかしながら、非常に重要なことは:

どのようにして良い教師を見つけるのか?という問題である。

一体どのような人が、良い教師なのであろうか?

《清浄道論》に基づけば、良い教師(善友)とは、以下の特徴を具備するものである:

すなわち、能力において、以下のような人は、あなたの先生になるに相応しい人である。

 (3-4につづく)

   <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>