wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

パオ・セヤドー講述「顕正法蔵」(翻訳文)5-69

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

(二)彼は以下のような、二種類の方法を通して、「物に執着しない態度」を策励する:

(甲)このような(+考えを)通して、(+己を)所有しない者として、思惟する:

「この袈裟は退色する、古くなる、雑巾に変る、最後には、誰かに棒でつまんで捨てられるものになる。もし、それに主人がいるならば、このような悲しい末路になることはない。」

(乙)このような(+考えを)通して、短い・はかなさを思惟する:

「これは長く存在することができない、ただ短い時間存在するだけである。」

上述の袈裟と同じく、この二種類の思惟方法は、鉢やその他の物に応用することができる。

(5-70につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>