wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

是誰庵のひとやすみ~口中有斧

きちんと記録したわけではないので、多少の記憶間違いがあるかもしれませんが、某大臣が「地震津波の被害が東北でよかった」と失言して、失脚しましたね。

去年は熊本・大分地震があり、先日は福岡・大分豪雨がありました。

すると私に「(首都圏から)わざわざ大分県に引っ越して、地震や豪雨に巻き込まれているあんたって、人生に失敗しているね」と言う人がて・・・。

ゴータマ仏陀は「口中有斧」・・・人は、口に斧を生やして生まれて来る、と言いました。

こういう失言や人への罵倒を聞いていると、仏陀は、本当によく人間の本質を見とおしているなぁと感心します。

そして仏陀は「『私は人に侮られた』と怒る人は、愚か者である」とも言うのですね。

私はこの教えが長い事、理解することができませんでした。だって人間、上記のような事を言われたら、怒って当然でしょ!なんて思っていたのですが・・・。

人を侮り罵る人は、心が病んでいるのですね。

言われた方が、心病んでいる方のレベルに落ちる必要は無いし、同じ土俵に上る必要もない。

今回、大分に住んでいることを馬鹿にされ、侮られて、人は常に、口業に気を付ける事、正念正知(今、このことを言うべきか、今、そこへ行くべきか、よく思慮して行動する事)でいることの大切さを痛感しました。

自戒、自戒。