wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

☆「掌中の葉」(翻訳文)3-11

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

4、事実上、上記に述べた事は、最も快速で、最も有効な、学習方法である。

これは、ちょうどヤクの容貌を研究しようとする時、本に書かれている文言を読んだり、または、そこに描かれている絵図を見るが、そうした時、我々は、非常に断片的な概念を得ることしかできない。

また、ヤクの模型を見ることを通して、我々は心内のイメージを得ることはできる。

そして、自ら動物園に行って、現実のヤクをみれば、ヤクがどのような顔をしているか、を完全に知ることができるが、これが最も早く、最も明確(+にヤクの容貌を知る)方法である。

故に、あなたが良師に従って学ぶ時、あなたは経典に従って、段階的に、断片的に学ぶのではなくて、法の化身ーー良師に従って学んでいるのだと言える。

5、あなたが真正にある人を尊敬し、その人に対して信心(=信頼)がある時、意識的にも、無意識的にも、あなたは彼の様子をなぞりつつある。

こういうことであるから、もし、あなたに、すでに証悟した教師がいて、かつ、あなたが、真心をもって、彼から、彼の修道における行いを学んでいるのであれば、あなたもまた、証悟することができる。

6、証悟が得られるだけでなく、もし、あなたが彼に従って、彼に密着して修行するならば、あなたは必然的に、彼と非常に似通った、善くて巧みな風格を得ることができるであろう。

上に述べた事は、仏陀が経典の中で述べているように、なぜ、シャーリプトラ尊者の弟子たちは、皆大智慧者であり、モッガラーナ尊者の弟子たちは、皆大神通者であるのか、という理由でもある。

(3-12につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>