wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

☆「掌中の葉」(翻訳文)3-12

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

◆結論

(一)良師の重要性とは、以下(+の要素)を含む:

1、良師について学ぶ時にのみ、あなたは己自身の、限界のある思想の枠組みから、抜け出すことができる。

2、実際に修行を開始した時、多くの複雑な問題に遭遇する。我々が、これらの問題を解決するにおいて、良師の支援が必要である。

3、(+問題の解決方法を)無駄に研究する時間を節約できる。

4、良師は、法の化身である;良師について学ぶことは、最も効率的な学習方式である。

5、尊敬と信心(=信頼)は、学習する時の足掛かり、スプリングボードである。

6、もし、あなたが良師に密着して行持するならば、証悟をえられるだけでなく、あなたは、彼と似た、善くて巧みな風格を打ち立てることができ、未来において、他人を支援できる人間になれる。

(3-13につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ

★誤字脱字を発見された方は、<菩提樹文庫>まで。

ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>