wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

☆「掌中の葉」(翻訳文)3-15

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

二、(個人的な)特別な業処

特別な業処を適切な形で与えるためには、教師は学生の主要な性質(性格)を決定しなければならない。これは非常に困難な作業である。

というのも、大部分の学生は、己自身を理解しておらず、良師は、あなたよりあなたを、より理解しているであろうから(意味反転?ママ)

一人一人の性格は、深浅の異なる多重的な構造を擁しているため、教師は時間をかけて、学生を観察しなければならない。

(後、第四章にて詳細説明する)。

このことから、あなたは、これらの業処を与えてくれる善友と親しみ、彼に対して大・小の、また、各種の義務を履行し、業処を学ぶ(+のがよい)。

《清浄道論・第三章・第65段》

◆結論

(一)止禅の段階においては、良師は、学生に二つの方面における業処を与える:

1、普遍的に適用される業処(一切処業処)。

2、(個人的な)特別な業処(応用業処)。

(二)普遍的な適用業処とは、一切処(=一切の場面)において、必要とされる業処。

(三)特別業処とは、40種類の業処の中の、人それぞれの個別の性格に適合する業処。

(3-16につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>