wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)3-18

<Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

仏陀がこのように述べたので、(+その時)既に聖者となっていたヴィサーカーは、二度と悲しむことはなかった。

彼女(+の心)は迅速に回復した。

というのも、彼女の残りの煩悩は、彼女が少なくとも、彼女をして、7回欲界に生まれるだけのものしか、なかったが故に。

まず最初に、我々は、ただ仏陀だけが、完璧な天人師であると、認める必要がある。

もし、我々の福徳が非常によいのであるならば、我々は仏陀と同じ世代に生まれ、仏陀から直接教えを受け、阿羅漢果を得ているはずである。

しかしながら現実において、我々はなぜ、今の世を生きているのであろうか?

それは、我々の福徳が、仏陀を指導者として仰ぐには、足りていないからである!

故に、我々が、たとえソータパナ聖者を指導者として仰いだとして、それは非常に幸運なことなのである。

ソータパナとは何かーー彼はこの娑婆世界の中においては、生まれ変わって、欲界に来るのは、最も多くて7回である。

この事は、彼の心の(+エネルギーの)流れの中に、欲界への執着が残されていることを意味する。

がしかし、あなたと、どの点が異なるであろうか?

彼とあなたの、そのうちの差異とは、彼の欲界への執着は7世で終わり、あなたの執着は限りがない、ということである。

故に、霊的な修行においては、あなたはあなたのソータパナ教師から、相当に落後しているのである。

彼は時には、いまだ心が傷ついたり、沮喪したりするけれども、この傾向は非常に少なく、めったには見られない。

このようなことから、教師に対して、外観だけで判断してはならない。表面的には、彼らもまた一般の人間と変わらないようであっても、しかし、心霊の上においては、彼らはあなたよりはるかに超越しているのであるから。

◆結論:

(一)完璧な学生だけが、完璧な教師を得る資格がある。

(二)教師の外観と挙動をもって、教師の思想と、彼の修行のレベルを、判断してはならない。

良い学生の素質

良い学生の素質とは何か?

良い学生の素質とは、以下を含む:

(一)涅槃の意楽の具足:これら涅槃の意楽は、細分すると6種類の行相になる(第128段)。

(二)定(と涅槃)の勝解(=正しい理解)の具足(第129段)

(三)己の仏世尊への貢献(=捧げる事)

(四)導師へ己自身を捨施する

(五)学生(+の本分)として、大小の任務を履行する(第71段)。《清浄道論・第三章》

(3-19につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>

まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>