wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

☆「掌中の葉」(翻訳文)3-28

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

3、痴行意楽者:私は心底、善を行い、禅の修行を実践し、その後に悟りたいと思う。

原因:仏法を聞いた後、あなたはようやく、証悟に対する、善行の種を蒔く事の重要性を認識することができた。

故に、あなたは積善をしようとする。

あなたは善を行い、禅の修行に取り組み、毎日祈願する。このことは、初学者にとっては正しい実践である。しかし、日が経つにつれて、あなたは、これらの実践は、ただただ、一切の因縁法を超越する方法に過ぎないのだという事を、忘れてしまう。

時に、あなたは、あまりの忙しさに禅の修行を忘れてしまう事があるが、あなたは禅の修行にあまりに執着しすぎているため、そのことで、過剰に己自身を責めたりする。

また、あなたが非常に多くの善行為をなした時、あなたは善行為に執着する余りに、あなたはそれを自慢するだけでなく、傲慢にさえなるのである。

あなたはこれら一切の善行ーー諸々の布施、持戒、禅の修行などの善法ーーもまた、いつの日にか、一切の因縁法を超越せんがための、蓄積に過ぎない事を、忘れてしまう。

これが、痴(=愚かさと無知)を含む意楽(痴行意楽)である。

(3-29につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方

は、<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>