wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

☆「掌中の葉」(翻訳文)3-31

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

5、独居に欠けた意楽者:あなたは現実社会の中において、積極的に、衆生に対して支援・援助しているために、修行することができない:

あなたは慈悲心さえあれば十分であり、人々・群衆から離れて禅の修行をしなくても、依然として、証悟することができる、と考えている。

原因:仏法を聞いた後、あなたは修行を始める。あなたは(+修行の)基本である所の布施、持戒と禅の修行をしてみた所、利益・収穫が多い事に気が付いた。

あなたは多くの人々と、このことを共に享受しようとし始める。そして、多くの人々が、次から次へとあなたに会いにやってくるようになる。

あなたは徐々に、各種の異なるレベルの、善くて巧みな方法は、上記の(+修行の)基本的なレベルにおいて、衆生を支援することができる事を、発見する。

最初、あなたは、あなたの家族を支援し、次に親戚や友人を支援し、やがて、その後においては、絶え間なくあなたを訪ねて来る人々に対応する為に、時間がなくなり、更に高いレベルの智慧を証悟する為の時間を、作ることができなくなるのである。

あなたは、これらの人々と離れては、何も良いことがないと思う;

あなたは今が一番良いと思う;

というのも、あなたは、人々の生活を積極的に改善しているのであり、それ故に、あなたは(+将来)絶対に、証悟することができるのだと、思いなしているからである。

これが、独居に欠けた意楽者である。

(3-32につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>

まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>