Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

是誰庵のひとやすみ~翻訳の進捗予定

当翻訳文閲覧の皆様へ

「顕正法蔵」(パオ・セヤドー著)と「掌中の葉」(シッダッタ学院)の拙訳をお読み頂きまして、ありがとうございます。

気が向いた時に、二冊両方共翻訳したり、片方だけを翻訳したりしております。

ほぼ毎日、最低一回は翻訳していますが、用事で忙しかったり、なにげに気が乗らないで、連続して休む日もあり、申し訳ないです。

今年の年末は、タイと緬甸(ミャンマー)へ行きたいな、と思っています。

「掌中の葉」の残りページを点検してみましたら、一日1ページ翻訳して、ちょうど年末に終わりそうです。「顕正法蔵」は置いておいて、まずは、「掌中の葉」を終わらせようと思います(区切りをつけて、気持ちよく出発したいので)。

その後に、「顕正法蔵」の残り(2/3)を翻訳し、同時進行で、海外で修行されている法友に頼まれました「メーチ・ケーウ(阿羅漢尼修道証果の旅)」の翻訳を始めたいと思います。

簡単ながら、現時点での、翻訳の流れについて、概略ご説明申し上げました。よろしくお願いいたします。