wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)3-34

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

二、定(と涅槃)を伴う勝解(=優れた見解)

修行における定の重要性を理解した後、一人の学生として、定(と涅槃)に関する優れた見解、定への尊重、定への趣向を具備しなければならない。

【定の利益】

《増支部・四法集・第41経》:

(一)落ち着きのある安穏な梵住に入り進む(現法楽住を得る)

一切の、五根から生じる愉悦は、皆短い、暫定的なものである。

世間における最も美しく、好ましい享受でさえも、また、あなたに空虚、退屈さを感じさせる。

この種の快楽(=楽しさ)は、あなたの心を感動させることはできない。というのも、禅の修行を通すことでしか、更に大きな快楽を得ることができないが故に。そして、それは、心霊的な快楽なのである。

(3-35につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>

まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>