wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)3-35

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

(二)定を得て智見ママが生じる(殊勝な知見ママ

を得る)。

あなたが定力を得た後、定力の光を借りて、あなたは心霊(=心)を導くことが出来、その事によって、肉眼で見えないものが見える(+ようになる)。

あなたは、己自身の、多くの過去世を見る事が出来るし、善趣の天界に生まれた衆生、たとえば、天神や梵天神も見えるし、悪道に生まれた衆生、たとえば、餓鬼なども見える。

これら一切は、あなたの思考を激発して、更に深く生命の意義について、理解することができる(+ようになる)。

(三)正念と覚醒(分別慧を得る)

いささかの正念と覚醒は、あなたを定の境界に入らせる。そして、この種の定力は、同時に、あなたの正念と覚醒を高めることになる。

ひとたび、あなたの心が非常に専注する時、あなたは(+あなたの)内部と外部における事・物を知覚する事ができる(+ようになる)。

強くて安定した定力は、物事が無常・苦・無我という特質を具有する事への気づき(+を齎す所の)正念と覚醒の基礎となる。

強くて安定した定を通して、あなたは正念によって、11種類の五取蘊、すなわち:

内部の、外部の、過去の、未来の、現在の、粗い、細かい、低劣な、高尚な、近い、遠い(+などの五取蘊)を、照見する事ができる。

唯一、このようにして初めて、あなたは五取蘊が構成する生死輪廻に、厭離を感じることが出来、(+また)一切の有為・因縁法を超越したいと思う事ができるのである。

(3-36につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>

まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>