wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

☆「掌中の葉」(翻訳文)4-12

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

簡潔に言えば、外見だけで、己自身の性行を判断してはならない。更に良い方法は、一人の他心通を擁する教師を探し、見つける事である。

もし、他心通を擁する教師を見つける事ができないのならば、あなたを善くて巧みな方法で指導できる教師も、また、非常に良い。

このようなことから、以下の条件を具備する教師は、非常に貴重である。

(一)他心通の獲得

ただ仏陀だけが、他心通に関して、全面的に把握することができた。シャーリプトラ尊者は、他心通で多くの人を助けたけれども、しかし、ある種の人々に関しては、彼でさえも、全面的に掌握することはできなかった。

こうしたことから、我々は仏陀の般涅槃の後に、他心通に関して、全面的に把握している教師を見つける事を、期待する事はできない。

言い換えれば、我々は仏陀の般涅槃の後、完全に、あなたの、あらゆる因と縁を知る教師を見つけ出す事はできない、という事である。

もし、あなたが、部分的に他心通を擁する教師を見つける事ができたならば、あなたは幸運であると、知るべきである。

実際、あなた自身でさえも、あなた自身を、完全に理解できないのである。

教師は、あなたの性格を判断する際に、たまには小さな間違いを犯すかもしれないが、あなたは千々万々、そのことを理由に、彼への信頼を失ってはならない。

もし、あなたが部分的に他心通を擁する教師を見つけることが出来て、かつ、教師もあなたを指導したいと考えるならば、あなたは教師に対して、信心(=信頼)を持つべきである。

このようにして後、彼の指導の下で、あなたは涅槃を証悟するまで、修行する事ができるのである。(4-13につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>

まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>