wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言。

☆「掌中の葉」(翻訳文)4-19

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

仏陀は、二番目の定の修習方式を、良馬の定の修習方式だ、と言った。

仏陀は山達比丘に言う:

「山達。良馬の方式でもって、定の修習をなせ。決して、駄馬の方式で、定の修習をしてはならない。」

「山達。何が、良馬の定の修習の方式か?

良馬は、飼い葉桶の側に括られる時、彼はこのようには、定の修習をしない:『餌だ!餌だ!』

どうしてか?

というのも、彼はこのように考える:

『今日、御者は、私に何をさせるだろうか?私はどのように、復命するべきだろうか?』

・・・というのも、良馬は、棘の付いたこん棒で叩かれる事は、債務、束縛、損失、不幸であると考えるから。」

「同様に、良馬のような人は、林野、木の下、または空き地に行く。彼の心は貪欲に束縛される事なく、貪欲に飲み込まれる事なく、彼は、既に生起した貪欲から(如何にして)離脱できるかを、如実に知っている。」

「彼の心は、瞋恚、昏沈、眠気、掉挙、後悔、懐疑によって束縛される事がなく、瞋恚、昏沈、眠気、掉挙、後悔、懐疑に飲み込まれる事がなく、彼は、既に生起した瞋恚、昏沈、眠気、掉挙、後悔、懐疑から(如何にして)離脱できるかを、如実に知っている。」

(4-20につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は<菩提樹文庫>

まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「掌中の葉」(シッダッタ学院)中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>