Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

「メーチ・ケーウの物語」(翻訳文)2-6

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

もし、心の外にあるすべての属性を剥ぎ落とした時、その本質は性別もなく、階級もなく、地位もないことが覚悟・覚醒できたならば、我々は、我々の進歩を阻害する所のもの、我々の自由を制限している世俗的な区別、身分などの観念を、滅し去ることができる。

もし、我々を輪廻生死させる所の、束縛から解脱したいのであれば、必ずや、これらの世俗的区別を滅し去らなければならない。

この角度から見て、一人一人の心内にある、克服されなければならない根本的無明は、本質的にはみな同じであり、故に、人はみな平等なのである。

心よりさらに不思議なものは、ない。

一粒の、訓練を受けた心の、その能力は非常に不思議なものである。

メーチ・ケーウの心は、生まれつき勇猛で、活力が充満しており、禅の修行において、予知夢と天眼を運用して観察することは、彼女にとっては非常に簡単なことであった。

神通は、彼女にとっては、もとよりエネルギーの元であったが、同時に欠陥でもあった。

彼女はその中に何年も道を見失って、神通に沈み迷うこと(+の弊害は)、自我を克服しなければならないほどであった。

だいぶ後になって、己の心を統制することを覚え、そのときになってようやく、彼女は、この非凡な才能を、善くて巧みに利用することができるようになった。

とはいえ、人間の心の根性、生まれ持った性質は、一人一人、非常に異なっており、ある種の人々は、メーチ・ケーウのように非常に活発で、大胆であるが、ある種の人々の心は、慎重で保守的である;禅の修行においては、その両方ともに、利点がある。

非常に多くの人々が、修行がなかなか進歩しない、困難が重々多いと思っているが、メーチ・ケーウの心は活力に満ち、修行の速度は非常に速く、彼女のように、エネルギーが充満していて、また同時に、善くて巧みな方便を擁している心は、めったにあるものではない。

一般の人々は、彼女の、あの特殊な神通力と比較し、競うことなどできない。

故に大部分の禅者はみな、彼女の歩いた修行の道を、追随して歩む事はできないのである。

(2-7につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「美琪喬ーー一位阿羅漢尼修道証果之道」Dhammavamsa Publication

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>