wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

「メーチ・ケーウの物語」(翻訳文)4-48

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

身為出家人生活淡泊、

(出家の身、生活は淡泊に)

困苦是免不了的。

(艱難辛苦は当たり前。)

我們一定要耐得住、

(一に忍耐、二に忍耐)

切不可偸懶或抱怨、

(怠けてはならず、恨んではならず)

面対任何情況、

(どのようなことが起きても)

皆以慈悲心対応。

(慈悲心が一番)

メーチの模範

メーチ・ケーウは、卉晒村の女性道場に戻った。

ここには理想的な、修行環境があった。

彼女が外へ出ていた間に、当地の在家信徒たちが、この出家集団を、村の重要な組織の一部と見做してくれたのである。

村民は、仏法が布施と善行を教えるのは、社会が出家者の梵行生活を、護持するためである事を理解した。

女性修行者たちは、普泰の村社会の中で、道徳的な模範となり、それは、大衆が福報を植えるための、真正なる福田となった。

(4-48につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「美琪喬ーー一位阿羅漢尼修道証果之道」 Dhammavamsa Publication 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>