Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

「メーチ・ケーウの物語」(翻訳文)5‐2

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

彼女は目を閉じると、座っている所の下部、その底が開いたように感じ、己は崖から、または井戸から落ちて行き、一つの空間に、入りこむような気がした。

その過程において、いくつかの瞬間に、異なる映像の断片がフラッシュするが、その後においては、徹底的な静止、安らぎ、満足・・・があった。

が、しかし、この静止の中には、反作用的な動力が隠されていて、即刻、メーチ・ケーウの意識流を、その直前に見た所の、映像の境界の中に、押し戻した。

暫くの間、心の流動的な空間にとどまると、メーチ・ケーウは、己の家に戻ったような、感覚を持った。

彼女はすでに、どのようにすれば、容易にこの神秘的な通路を、行き来することができるかを知っていた。

一瞬の知覚、ある種の存在、感情、何かの神識・・・、そうして、彼女はまた別の世界に入り、各種各様の、有情の領域に、遊んだ。

(5-3につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「美琪喬ーー一位阿羅漢尼修道証果之道」 Dhammavamsa Publication 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>