wong0110's diary

中国語で書かれた仏教書(主にテーラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。+日常の心模様の独り言<是誰庵のひとやすみ>。

「メーチ・ケーウの物語」(翻訳文)5-37

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

”空、光明、清らかさと明晰さ、楽しさは、皆、光明心における、微細な有為法である。

もし、あなたが、子細に空を観察し、持続的に注意したならば、あなたは、それが、実は、真正には、始終一如ではない事に、気が付くはずである。

根本無明が造り出した空は、精妙なる有為法で、それは時折、ささやかに変化する事があるーー非常に微細にーーしかし、あなたに、それが無常であると、分からせるには、十分なくらいに。

あなたは、微細な変化を見て取ることが出来る。というのも、一切の有為の現象はーー見かけ上、如何に奥深く、光明で、壮観であろうともーー多少とも、ちぐはぐした形跡を顕現するものである。

”もし、これが真正なる涅槃であるならば、なぜ、それほど精緻な境界において、細かい変化を齎すことがあるのか?

それは恒常でもなく、真実でもない。

光明の核心に専注するならば、あなたは、その光明もまた、同じ性質を擁していることを、はっきりと知ることができるーーあなたが、以前超越した所の、すべての、その他の現象と同じように。

唯一異なるのは、相対的な比較の下では、この光明は、非常に深く細密である、ということである。

(5-38につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「美琪喬ーー一位阿羅漢尼修道証果之道」Dhammavamsa Publication 

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>