Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

是誰庵のひとやすみ~アチャン・ネンについて

今日から翻訳が始まりました「身念処」は、タイのアチャン・ネンの作品です。

私は翻訳を始める時決して、目的の本を、最後まで読む・・・という事はしません。

中ほどに、難しい表現が出て来ると、萎縮してしまいますので、中身は確認しないまま、「エイヤッ」とばかりに、翻訳を始めてしまいます(私の癖です~笑)

その為、今の所、アチャン・ネンがどのような人か知らないのですが、まず、女性です。

タイの女性は、出家すると「メーチ」と呼ばれますから、彼女は出家の尼僧ではありません。

タイ語の<アチャン>は「先生」という意味で、普通の学校の先生も、アチャンと呼ばれ、弟子を指導できるようになった比丘も、アチャンと呼ばれます。

彼女は、アチャン・ネンーーネン先生と呼ばれていますが、在家のまま、瞑想を指導した方のようです(故人)。

まず、彼女の簡単な背景を、お知らせしました。

詳細は、文章を読みこんだ後にご紹介するか、または翻訳文の中でご紹介します。