Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)5-105

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

行道清浄(paṭitadāvisuddhi)とは何か?

それは、近行定及びその相応する所の、法である。

捨の強化(upekkhānubyuhanā)とは何か?

それは、安止定(ジャーナ定)である。

満足(sampahaṁsanā)とは何か?

それは、省察(paccavekkhaṇā)である。

8-8-8 ジャーナの意味

Ārammanūpanijjhānato paccanikajhāpanato vā jhānaṁ.ーー ジャーナと呼ぶのは、それが禅の修行の所縁を照らす(upanijjhāna)、たとえば、安般似相(ジャーナ)、であるから。

また、障礙(すなわち、五蓋)を焼き尽くす(jhāpana)から。

(《清浄道論》第四章・第119節)

ジャーナには二種類ある:

「所縁を照らすジャーナ」(ārammanpanijjhāna jhāna)と「相を照らジャーナ」(lakkhaṇūpanijjhāna)である。

八定は、「所縁を照らすジャーナ」である。

というのも、禅の修行の目標を照らすが故に。

たとえば、地遍、安般似相など等。

観智、道智と果智は「相を照らすジャーナ」と呼ばれる。

観智は、諸行の無常の相、苦の相と無我の相を照らすか、またはそれらを知見するが故に、「相を照らすジャーナ」と呼ばれる。

観智の作用は、聖道を成就せしめるので、また聖道は「相を照らすジャーナ」とも、言われる。

聖果智もまた「相を照らすジャーナ」と呼ばれる。というのも、それは滅聖諦の真実相を照らすか知見するかであって、それはすなわち、涅槃寂静相である。(《殊勝義註》)

(5-106につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

菩提樹文庫>まで。ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー講述「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>