Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。偶には<是誰庵のひとやすみ>にて日常の心模様独白。

パオ・セヤドー弘法記念「顕正法蔵」(翻訳文)5-107

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

ちょうど一人の巧みな料理人が、自分の雇い主に奉仕するかの如くに・・・。

彼は注意深く、雇い主が食す所の、一切の食物を選択し、(+ひとたび選択したならば)それ以降は、その食品だけを送ってくるようにする。

この事によって、彼は褒賞を得た。

同様に、あなたも、この料理人が食物に注意を払うのと同じく、ジャーナを証得した時に、その方式を観察し、(+そのようにするならば)その後、ジャーナを失った時、あなたは再度、安止を掌握し、安止に入ることができる。

故に、あなたは、毛髪を射る射手のように、または料理人にように、観察しなければならない。

(5-108につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ★誤字脱字を発見された方は、

菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<パオ・セヤドー「顕正法蔵」2008年中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>