Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。

「身念処」1-24

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

1)所縁:座っている時の、色身を観照するーー己自身に対して。

2)能縁:精進ーー正念ーー正知。これが、真正なる四念処である(この三心とはすなわち、戒・定・慧と八聖道である)。

3)目的:五蘊への好悪の念(貪と瞋)を断じ除く。

4)利益:無明(無知)を破り、四聖諦を体験・証悟して、苦を滅する。

四念処の修習と、八聖道の修習とは、同じことである。

言い換えれば:

もし、あなたが八聖道を修するならば、それは、四念処を修している事になるーーというのも、四念処と八聖道は、皆、中道法であるが故に(仏陀の述べた37道品は、皆、中道法である。)

四念処は、37道品の基礎であり、実相般若を激発し、かつ、苦を滅する事ができる。

<図1-2>

(訳者~当ブログは、図表を作成する事ができませんので、文章形式・箇条書きとします)

四念処(図1-1の続き)

1)身(14)

2)受(9)

3)心(有、無貪欲等)(16)

4)心と身(法)(聴く、妄想心等)(5)

四念処には、合計で44個の所縁がある。

どの修法でも、阿羅漢果を証得する事ができる。

たとえば、アーナンダは、身念処でもって、阿羅漢果を証得したが、それは微細な動作を観照している時に、証得したものである(彼は、将に、横になろうとした時、開悟し、果を証したのである。)

(1-25につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>