Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

是誰庵のひとやすみ~マハーカルナー法友会・活動無期限中止について

先日、自宅(庵)で、インターネットを見ていると、南伝仏教の出家比丘であるマハーカルナー禅師を支える為に設立された<マハーカルナー法友会>の活動が、(11月2日をもって)無期限停止となりました、との告知が、WEB上にありました。

私は去年の12月に、<パオ日本道場設立とパオ・メソッド普及の為緬甸(ミャンマー)より帰国>と謳って、宗教活動を開始したマハーカルナー禅師が、なぜ、その旗を降ろし、あらたに己を代表者とする<マハーカルナー法友会>を立ち上げたのか、その理由を説明、公開して頂きたいと、私のブログ(注1)で要請しましたが、そのお答えを頂けないまま一年、今回、法友会は解散する事になったようです。

理由は、禅師の重大な戒律違反、パーリ語でパーラージカ。

寡聞にして、緬甸では聞いた事はありませんが、タイで、パーラージカを犯して、サンガを永久追放になった比丘はいます(日本の雑誌にも載ったので、記憶にある方もおありかと)。

中国では、テーラワーダが普及しているタイ族自治州で、似たような事件が起こりました(マンティン事件)。

過日、私は自分のブログで、<仏教徒は自立・自律して、凛々と生きましょう>と書きました。

己の師は己自身。

教科書は、己の心。

師を外に求めずとも、それで十分です。

<・・・良い指導者がいないと嘆くより、あなた自身が良い指導者となりなさい>

追記:(注1)<是誰庵ブログ~2016年12月20日/パオ森林僧院日本道場の説明責任>ご参照の事。

(パオ森林寺院・ヤンゴン分院所属/出家尼僧 

Pañña-adhika Sayalay/是誰庵・庵主)