Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

「身念処」1-54

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

<今・ここ>には二種類ある:

<今・ここの思慧>と、<今・ここの修慧>である。

<今・ここの思慧>は、一般的な修行が良好な状況であって、<今・ここの思慧>を先導者として初めて、<今・ここの修慧(実相般若)>を引発することができる。

これはちょうど、二本の枯れ枝を使って、お互いにこすり合わせて、火を起しているようなものである。

もし、修行において、正しく<今・ここ>を保持できるならば、五蘊の貪と瞋恚(好悪の感情)を取り除く事が出来、その後において、実相般若が生じることになる。

<今・ここの修慧>は、非常に掴み難いものである。それはちょうど、泥沼の中で、どじょうを捉まえようとしているようだ。

<今・ここの修慧>は、まさに座っているのは、座っている色身であって、「あなた」ではなくーー三心である、ということを体験・証悟するものであるが、実際は座っている色身さえもなく、ただ実相があるだけなのである。

(1-55につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>