Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

テーラワーダ出家者の純潔

テーラワーダの出家者は、戒律に関して、一点の曇りもなく、修行生活を送らなければなりません。

通常、テーラワーダの出家者、特に比丘は、細心の注意を払って生活しています。

自分を訪ねて僧院に来た女性と話をする時、それが妻(別居に相当)であっても、外部、庭や通路、事務所等で話をします。しかたなく女性を伴って、自室に入る時は、もう一人の男性か女性に同行してもらい、窓や戸口を開け放ちます。

それでも誤解から、疑われ、指弾される事はあると思います。

もし、戒律違反を疑われたならば、比丘、サヤレーは、即刻、疑惑について、釈明する義務があります。

告発者を罵倒、悪口してはなりません。

指弾された己の不明が、すでに恥なのですから。

    <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay>