Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

Msさんへの回答です

Msさんから、以下のようなご質問を受けました。

「師につかず、一人で修行しています。

瞑想している最中にイメージなどを見ます。

意味づけしたり、引きずられたりしないように

気を付けていますが、それでよろしいでしょうか?」

まず、Msさんがどこにお住まいか分かりませんが、よい指導者をみつけて、その人の指導を受けられれば、一人で修行するよりは早く進むし、危険も少なくなります。

一人で修行する場合は、仏典、《清浄道論》の禅修の部分、『智慧の光』(パオ・セヤドー著)などをよく読んで下さい(<菩提樹文庫>には、『智慧の光』その他、色々な瞑想指導者のよい翻訳本が載っています。私が翻訳して載せて頂いた『掌中の葉』も、よいと思います)。

私が現時点で推奨する先生は、テーラワーダなら、

クムダ・セヤドー、ディパンカラ・サヤレー、

禅宗なら井上哲玄禅師(静岡龍泉寺)です。

クムダ・セヤドーは一年に一度、五月に来日。

ディパンカラ・サヤレーも一年に一度、正月辺りに来日。

上記は<はらみつ法友会>のWebでご確認下さい。

井上哲玄師は、Webで確認されるか、直接電話されればよいです(禅宗テーラワーダは似ていて、また、衝突する時もありますが~目は半眼、nimittaを否定等~学ぶべき点は多いです)。

で、本題ですが、もうご存知のようですが、光(nimittaではない)、色、図案、イメージなどが見えた時、修行者は、困惑するか、またはそれに魅力を感じて吸い込まれてしまいます。

その為、修行者は、注意力をこれらのものに転化してしまいがちです。

この時、修行者の心は、本来の禅定の目標から離れてしまい、本来の修行の目的からも離れてしまいます。これでは修行が進みませんから、なるべく早く、瞑想の目標、安般念などに戻って下さい。

修行者の心が少しばかり清らかになると、感官以外の事柄(異次元のフォース)に敏感になります。天眼や天耳を証得したわけではないのですが、それは神通の力と多少、似ています。

その為に、その力に吸い寄せられて、巻き込まれてしまった修行者は、予言者や占い師のような振舞いをするようになります。そして、本来の修行が疎かになり、最後には道を踏み外してしまうのです。

これは仏陀が強く禁止した、邪道です。

八聖道を踏み外さないよう気を付けて、歩みを進めて下さい。

追補:パオ・メソッド一筋で進みたい場合は、安般念で心を清らかにし、nimitta が見えるようになるまでは、一人で修行してもよいです(nimittaは、鼻の前に吸い寄せられるようにして光ります。それ以外の場所で光るのはnimittaではありませんので、それらは無視して、引き続き安般念に専注して下さい。)

nimitta が見えたら、その後は、クムダ・セヤドー、

ディパンカラ・サヤレー等、パオ僧院の先生に師事されると、危険が少ないし、早く進みます。

パオ・セヤドーは『パオ・セヤドー問答集』(<菩提樹文庫>収録)の中で、「涅槃まで一人で修行する事はできる」と述べています。道心の堅固な方はチャレンジしてみて下さい。

         <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay>