Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。

是誰庵のひとやすみ~方位計はポケットに

私は男女平等主義者で、男性を差別する気はないのですが・・・仏教が好きな男性の中で、理論が非常に好きな方がいらっしゃいますよね。

パオ・セヤドーの理論書をせっせと翻訳している身で、こんな事は言いにくいのですが・・・理論で悟る事はできません。

理論を頭いっぱい詰め込んで、他人と論争している人は、悟れません。

理論は、山を登る時の方位計みたいなもので、自分が間違った方向へ進んでいないか、時々確認する為に使います。方向が定まったら、ひとまず、ポケットに仕舞うものです。

じっと方位計を睨み付けて、方位計の大きい、小さいを競っても、意味がありません。

悟りとは、あなたが、自分の足で山を登る、または山を下る、事です。

これまで掴んで離さなかったあなたの常識や、武装手段としての仏法書を手放した先に、あなたの悟りはあります。

山を登るのは、<悟りを得たい>と言う決意。

山を下りるというのは、ため込んだ<我執を手放す>事です。

悟りとは、登りながら下る事。

方位計は、ポケットに。

      <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay>