Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

是誰庵のひとやすみ~パオ・メソッドは終わらない

私が台湾で若い仏教徒の女性から、パオ・セヤドーの著書『智慧之光』(中国語版)を貰ったのは、確か1998年頃の事だと思います。

最初のページを読んで衝撃を受けた私は、その本を日本に持って帰り、日本語に翻訳して、Web上に公開しました。

ただ、この本とは別に、日本ではすでにパオ・セヤドーの存在が知られていて、多くの日本の修行者が、モーラミャインやメミョウに出かけて、パオ僧院やその分院で、修行するようになりました。

そして、いつのまにかパオ僧院の修行者・・・いわゆる「パオ・メソッドを終えた人」が評価され、持ち上げられるような状況が、生じるようになりました。

しかし、パオ・セヤドーご自身は、

「私の教法に、卒業というのはない」

「阿羅漢になるまでは、パオ・メソッドを終わったと言うな」とおっしゃっています(パオ・セヤドーは、ご自分の教法をパオ・メソッドと呼ばれるのも嫌なのだそうですが・・・)。

真実、パオ・メソッドを終了して阿羅漢になった人は「私はどうだ、こうだ」と、己を持ち上げるような事は、最早、おっしゃらないでしょう。

<パオ・メソッドを一通り終えた人>と、

<パオ・メソッドを卒業して無学阿羅漢になった人>

というのは、全く違います。

パオ・セヤドーは「パオ・メソッドを一通り終えた人」と「パオ・メソッドを真実卒業した人」とを、厳密に区別されています。

修行者は心中有数・・・ご自分のどこが清らかになっていて、どこが清らかになるのを待たれているかを、ご自身が一番ご存知でしょう。

パオ僧院で修行した事のある方々は、「パオ・メソッドを終えた」と宣言する前に、阿羅漢になるまでは、<パオ・メソッドは終わらない>事を確認されては如何でしょうか?

          <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay>