Sayalay's Dhamma book

テーラワーダ系仏教書の翻訳は2019年夏を持ちまして終了致しました。これまでに翻訳しました内、23冊は<菩提樹文庫>にてPDF版を読むことが出来ます。今後、翻訳文を掲載する予定はありませんが、偶には<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。学問的な議論ではなく、ただの雑談、独り言です、お楽しみ頂ければ幸いです。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

是誰庵のひとやすみ~仏教は心の中に

 私はチャキチャキの、南伝の仏教徒です。

遠く緬甸(ミャンマー)に行って、パオ僧院で出家までしちゃいました(笑)。

今は、九州の片田舎に住んでいますが、頼まれてダンマ・トークをする事があります。

お布施を頂いた時は、

Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu 

(皆様のこの功徳が涅槃の助縁となりますように)と

Mama puññabhāgaṃ sabbasattāna bhājemi

(この功徳が、すべての有情に分け与えられますように)

を唱えますが、授業の始まりに、Namo tassa

も、三帰依文も、唱えません。

それは何故かと言いますと、皆々様には、仏教に疑問を持って、接して欲しいからなのです(宗教団体の雰囲気に飲まれて、洗脳されて、yesマンになるのが、一番危険なのです。)

仏法は甚だ深遠です。

ゴータマ仏陀ご自身が、ご自身の悟った内容が、余りに微細で、人間の想像を超えている為、説法したくない、と思ったくらい、深遠なのです。

ですから、誰もいきなり仏陀、ダンマ、サンガに帰依できる訳がありません。

仏教を学んでみて、もし、納得できなかったら、いつでも逃げよう(笑)・・・というくらいの方が、健康的というものです。

私は、クリスチャンが、興味本位で聞きに来てもOKです(議論の為の議論は、ご遠慮頂きますが)。

輪廻は本当にあるのか?などという素朴な質問も、大歓迎です。

一生を左右するほどの深い信教は、己の全人格をかけて、探求するものです。

私も、修行の為、タイのお寺に滞在していながら、(偶像崇拝みたいで)仏像に礼拝できない時期がありましたし、師に三拝できない反抗期(?)もありました(理論的には、師にではなく、サンガに三拝するのですが、現実的には、目の前にいる師に三拝するので)。

故に私は、誰にも、三帰依など強要しないのです。

私の生徒さんなら、三帰依は、仏法を本当に理解し、納得できた時に、心の中で行って頂ければ、それで十分なのです(今翻訳している「テーラワーダ仏教在家居士帰依戒律ハンドブック」も、自立・自律の為に使って頂ければ、幸甚です)。