Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。

是誰庵のひとやすみ~現在法

「身念処」の<1-78>を翻訳していましたら「現在法」という言葉に、出くわしました。

私がいままで、喉まで出かかっていて、どう言えばよいのか、よく分からなかった言葉です。

そうそう、これこれ「現在法」。

私達は、ゴータマ仏陀の教えを学ぶと、目が点になると言いますか、目から鱗といいますか、今まで常識だと思っていた事が、ひっくり返ってしまいます。

色聚(原子より小さい物質で、vipassanaをすると見えて

くる)で出来ている己の体は、刹那に生・滅していて、

実は自分なんていないんだよ。

う~~ん、素晴らしい、ゴータマ仏陀

で、今日から「自分はいない」「自分はいない」と、己に呪文を掛けながら生活する。

しかし、悲しいかな、今なお凡夫である私、実は「自分はいない」なんて、これぽっちも実感できていない(笑)。

生兵法は怪我の元。

凡夫が背伸びをして、聖者のまねをすると、火傷します。

凡夫は、自分の実感ーー現在法から、ゴータマ仏陀の教えた出世間法へと、修行を通して、意識を移行させていくべきですが、理論だけ覚えて、頭でっかちになって、背伸びをすると、大怪我をします。

我々は、<現在法>をスプリング・ボードにして、出世間するのですから、日々、ボードの点検は必要不可欠です(そして、出世間法というのは、あなたの想像を超えていますから、頭で想像しても、無駄なのです。)

自然法爾・・・現象世界は、決して逃げたり、無くなったりしません。

世界は、あなたの悟る日を待っていますから、まずは<現在法>の中で、誠実に生き、己をよく見つめ、焦らない事が大切です。

      <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay>