Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。

「身念処」1-84

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

ある時、アーナンダは、縁起の法がどれほど良いものであるか、どれほど理解し易いものであるか、仏陀に告げて言った時。

「並非如此(そうではない)」

仏陀は述べる:

「縁起の法は、玄妙であり、かつ、奥深く、理解するのが難しいものだ」。

もし、人が縁起の法を研究するならば、これを主題として論じられている専門書を一冊、探し出して来る必要があるに違いない。

そして、彼は、仏陀の奥深い智慧に対して、本を読み終わるまで、感嘆し続けるであろう。

縁起の法の利益とは、一つひとつの事柄は、皆因によって生じ、かつ無我で、霊魂(+がコントロールしているので)はなく、または上帝が(=最高神)コントロールしているのでもない事を顕示し、「私」という邪見(+の生じるの)を防止する事である。

(1-85につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>