Sayalay's Dhamma book

仏教書の翻訳は2019年夏をもちまして一旦終了しましたが、2020年発生しましたコロナ禍により、修行者独習に供する為、『親知実見』を翻訳しています。過去に訳出した23冊は<菩提樹文庫>にて閲覧できます。2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得ました。 初心者の疑問にはコメント欄にて対応します。

「身念処」2-6

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

精進、正念、正知の三者は、身・心の観照の時、同時に運用する。

もし、正念が強すぎる時、正知は弱くなる為、修行者はこの点に注意を払わなければならない。

この種の洞察力は、覚察力(=察知力)と言い、この覚察力が、上記の三者のバランスが崩れているのを観察・察知した時、修行者は、精進、正念、正知という三心をバランスさせねばならない。

修行者に、よりよい覚照力(=覚知力)があって、初めて上記の事ができる。

苦々が生じる時、座っている色身は、痛みの為に姿勢を変える(この種の状況は、ちょうど我々が、社交の場にいて、長く座っていると不快になって姿勢を調整するのと同じである。)

(2-17につづく)

      <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājem>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>