Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。偶には<是誰庵のひとやすみ>にて日常の心模様独白。

翻訳番外編~「偽比丘」の見分け方(2-3)(15/70)

     <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

如何にして偽比丘を見分けるか

仏陀が涅槃して2000余年の今日、僧侶が外出して、家々毎に托鉢する風景は、いまなお見ることができる。

緬甸(ミャンマー)、タイ、スリランカなどの地では、その光景を毎日見ることができる。

現在のマレーシアにおいて、多くの出家者は、寺院内部で膳食の供養を受けているが、しかし、一部の出家者は、四方に雲遊することがある。

また、遠くタイからやってくる出家者もいるし、山の洞、森に住む出家者、及び出家の義務を厳しく守ろうとする南伝の出家者は、一日分の食糧を、托鉢の形式で得ようとする。

南伝の出家者が外出して托鉢する時、いくつかの儀礼的規範があるが、それは仏陀が出家者に守るよう規定したものである。

それはたとえば:

●南伝の出家者の学処である所の衆学法(Sekhiyā dhammā)によれば、出家者が俗人の居住区に進入する時、必ず衣を正しく着用しなければならない。すなわち、袈裟は通肩とし、肩を露出しない事によって荘厳を示す。

●托鉢の時、病気でない限りは、南伝の出家者は一律、裸足で歩かねばならない。南伝の出家者が托鉢する時、在家(浄人)が付き従うことがあるが、当該の者は、出家者に代って食物を受け取る事が出来る他、公衆に対して、出家者に如法に布施する方法を伝達する事ができる。

(2-4につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「偽比丘の見分け方」中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>