Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。偶には<是誰庵のひとやすみ>にて日常の心模様独白。

翻訳番外編~「偽比丘」の見分け方(4-10)

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu> 

9、南伝仏教の比丘の戒律によると、歯ブラシと水(注1)以外の、すべての、口に入るものは、必ず授与される必要がある。

食事の準備が終わった後、施主は、施主自ら、すべての食べ物を、出家者に授与しなければならない。

授与とは、出家者が手を伸ばせば届く距離の範囲内に施主がいて、施主が出家者の横に膝まずくか、立ったりし、身体、例えば手などで、身体と物、例えば皿、盤、スプーンなどと接触する事を通して、または三種類の方式の内の一つで以て与え、出家者は身体によってか、または身体に接触する形で、物を受け取る事を言う。

タイの伝統では、出家者は、ハンカチか小さな布きれでもって、それを身体との連結物とする事がある。この場合、施主は、食べ物を布の上に置けばよい。

例えば、出家者が椅子に座って食事をするとして、そして、テーブルの上の食べ物が多く、また重い時、施主は一皿また一皿と、食事を授与して供養する;

もし、テーブルが小さく、食べ物も重くない時、一人か、または二人、または多人数で、小さなテーブル全体を持ち上げて、出家者に授与することもできる。

条件としては、テーブルと、その上の食べ物の総重量が、一人の、標準的な男子が持ち上げられる程の重量である事と、食べ物を授与する時、すべての授与者、一人であろうと、大勢であろうとが、出家者が手を伸ばせば届く場所にいなければならない。

そうでなければ、如法ではなくなる。

(注1)古代の印度では、水は無料であったため、仏陀は、井戸水、庭先に置かれた水、道路わきに置かれた甕の中の水など、他人の所有する水であっても、比丘は断りなく飲んでもよいと決めていた。

しかし、現代では、水は水道水であって、施主にとっては有料の物であるため、出家者は慎重を期して、水も授与されてから飲むようになった。

(4-11につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<「偽比丘の見分け方」中国語版→日本語訳出

翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>