Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

翻訳番外編~預流果の美徳(A Map of the Journey )-1

 預流果である聖者が一たび、(+正念でもって)己自身の心の状態に気が付くようになった時、もはや、嘘をついたり、詐欺をするなどという事がない。

彼は非常に誠実になり、(+あらゆる事柄を)静かに観察する事ができる。

彼はいまだ、色々な物事を渇望する・・・というのも、預流果は、すべての欲望と貪欲を、断じ除いた訳ではないが故に。

しかしながら、預流果にいまだ、貪欲があったとしても、破戒するほど、それが強度になる事はない。

預流果は、何かを得んが為に、殺生をしたり、偸盗をしたり、嘘をついたり、邪淫をしたりする事はないし、酒や薬に酔う事もない。

預流果には、これらの事(+破戒)を為そうとする欲望は、もはやない。

この時、預流果は、己を無理やり抑制している訳でもなく、ただ、静かな心で「そんな事はしたくない」と思っているだけである。

この時の、預流果の自制心は非常に自然な状態にあり、故に、容易に自制をなし、もがく事も、抗う事もなく、何等の努力も必要としない。

   (Sayādaw u Jotika 著

    A Map of the Journey より抜粋・翻訳)

       <緬甸パオ森林寺院/ヤンゴン分院所属/Pañña-adhika Sayalay>