Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

是誰庵のひとやすみ~陽の下に新しいものなし

<陽の下に新しいものなし>

これはキリスト教で言われる話。

仏教に置き換えると「我々は輪廻していて、いつもいつも、生まれては死にながら、同じ愚行を繰り返している」

私が仕事の為に上京して働いていた若い頃、「こんな会社嫌だ!」と言って何度か転職したけれど、こらえ性のないのは、どうやら過去世からの続きらしい。

我々は、過去世から引きずってきた<己の物語>を、もう一度、この地球上で、この時間軸で展開しているだけではないかしらん?

出会う人々、出会う事件の数々、それは自分の心が呼んだもの。

そう思えば、誰を恨むでもなく、もう少し慎重に生き、もう少し賢く生き、早めに涅槃した方が良さそうに思う。