Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 コメント欄はどなたも利用OKですが、リトリートに入っている時は回答致しません。

「身念処」3-13

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

12、随順智

この智は、一個の完全な智慧である為、修行者をして、四聖諦を体験・証悟せしめる事ができる。

この智は、前の段階のいくつかの階智によって誘発され、生起するもので、この階智における、勇猛な智慧は、前段階のいくつかの智より更に信心(=確信)が具足しており、更に精進するようになり、また、更に(+強固な)念住があり、慧による理解が更に進むーーというのも、修行者は、苦諦と集諦を体験・証悟したが為に。

37道品によると、この智は、すでに七菩提分(七覚支)のレベルに到達している。というのも、それは四聖諦を体験・証悟する助けになるが故に。

仏法の中には、三つのレベルの智慧がある:

第一と第二の階智:知遍知。

第三と第四の階智:審察遍知。

第五から第14階智:断遍知。

Vipassanaの作用は、第一階智から始まり、徐々に迷いを断じて、第12階智に至る。

しかし、この智は世間に属するーー世間智の作用に含まれる。

随順智においては、三法印を所縁として、前二つの聖諦(苦諦と集諦)を体験・証悟する。これより以降、二度と、身・心を所縁とする事はない。すなわち、最後の観智である。

随順智は、三法印のどれか一相を観ずる事によって道刹那(道識を主宰する心)が誘発される。(第11階智の最後の三段階を参照の事)この過程の全体は、わずか、三つの速行心という極めて短い時間内において生起して、完成する。

随順智の源は、行捨智(第11階智)であり、かつ、種姓智(第13階智)が生じるための資助(=元手)と助縁になる。

随順智(第12階智)から種姓智(第13階智)に発展する過程は以下の通り:

ちょうど、大木の枝に縄をかけて、その縄を掴んで、川を飛び越えるようなもの。縄を掴んでいるのは遍作(随順智の第一個目の速行心:準備心)で、遍作心は道心の為の準備をしている事になる。次の段階では、枝に掛けた縄を掴んだ人間は、川の真ん中まで移動している。これは近行(随順智の二番目の速行心)である。(+縄が更に振れて)人間が対岸に到着した時、この心は、種姓智と呼ぶ。この心は、涅槃を所縁としている。

随順智は、世間の範囲内の最後の智であるーー世間内の範囲とは、身・心を所縁としているという事である。

これより先、涅槃が心の所縁となる。

上に述べた方式(過程)において、世間心から出世間心に至るまでを、法決定(模範的次第、順序)と呼ぶ。

(3-14につづく)

      <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>