Sayalay's Dhamma book

中国語で書かれた仏教書(主にテラワーダ、南伝仏教系)を日本語に翻訳して公開。たまには<般若の独り言>にて日常の心模様を独白します。                    2018年5月25日クムダ・セヤドーより初心者瞑想指導の許可を得る。 2018年8月10日の翻訳をもって翻訳ワークは終了しました。                     コメント欄は利用OKですが、リトリートに入っている時は回答しません。。

「身念処」3-15

    <Idaṃ me puññaṃ nibānassa paccayo hotu>

14、道智(智見清浄)

この智は、道心の中に生ずる。道心は、種姓智(第13階智)を助縁とし、第13階智と同様に、この智は、涅槃を所縁としている。しかし、この智は、完全に惑を断じており、また、心と所縁は、皆出世間である。

この智は、四つの道心の力によって、完全に惑を断ずるが、その過程において、(+修行者にとって)初めて生起する道心である。

この道心が生起する時、すなわち、入流果(ソータパナ)を証悟する。この道心は、わずか一刹那しか生起しないが、しかし、生命が、最も多くても、僅か、7回だけ生まれれば、輪廻を解脱する事が出来るようになる。

この智は、八聖道の中では正見に属する:四聖諦に対する正見である。

このレベルの階智は、雷雨の中の一瞬の稲妻のようである。というのも、それは非常に強く、非常に明るく、突然であるから。

道心が初めて生起する時、ソータパナ道と呼ばれる。更に高度な道果において、三度生起する。修行者は、初めて聖者となる。彼は、二度と四悪趣に生まれることはない。

この智の楽はーー出世間楽である。

合計四つの出世間智がある:

1、ソータパナ道(入流識に属する)。

2、サターガミ道(一来識に属する)。

3、アナーガミ道(不還識に属する)。

4、阿羅漢道(阿羅漢識に属する)。

(3-16につづく)

    <Mama puññabhāgaṃ sabbasattānaṃ bhājemi>

(+ )(= )訳者。句読点等原文ママ。★誤字脱字を発見された方は、

<菩提樹文庫>までお知らせ下さい。ご協力、よろしくお願いいたします。

<原題「身念処」Vipassana Bhavana 第二版 アチャン・ネン著

中国語版→日本語訳出 翻訳文責 Pañña-adhika Sayalay>